頸部脊柱管狭窄症の治療方法|悪化を防ごう

医者

コリに隠された深刻な病気

女性

肩や首のコリの原因は疲労ではなく、頸部脊柱管狭窄症である可能性があります。頸部脊柱管狭窄症は放置すると重症化してしまいますし、重症化するとリスクが高い手術を受けなければならないことになりますから、コリを安易に考えるのは禁物です。

Read More...

首の痛みから始まる病気

病棟

肩凝りや首の痛みがあって腕や指に力が入らなくなったりする症状の原因としては、頚椎症以外にも頸部脊柱管狭窄症の可能性があります。進行すると下半身にもの症状が表れます。頸部脊柱管狭窄症は整形外科での薬物療養や保存療法、手術などの方法によって治療します。症状に合わせた治療法の選択が重要です。

Read More...

脊柱脊髄疾患の治療

首の周りや後ろに痛みがあるという方は要チェック!頸部脊柱管狭窄症の専門医に治療を依頼すれば安心できますよ。

看護師

脳神経外科では脳の病気や脊柱脊髄疾患の治療が受けられます。脳や脊髄が損傷を受けると重い後遺症が残りますので、脳神経外科が果たす役割はとても大きいものがあります。頸部脊柱管狭窄症も脳神経外科で治療することができます。脳神経外科では脊柱外科の専門医が治療を行っており、専門医による治療が受けられることで人気があります。脳神経外科の病院はMRIやCTなどの医療設備を完備しており、様々な画像検査を受けることができます。脳や脊柱、脊髄の精密検査が保険診療で受けられることも脳神経外科の人気の理由です。脳神経外科では外科手術で頸部脊柱管狭窄症を治療することが可能です。主な手術療法には頚椎椎弓形成術があり、狭窄している脊柱管を拡張することによって、頸部脊柱管狭窄症を治療します。

脊柱脊髄疾患とは、脊柱と脊髄の病気のことです。脊柱と脊髄は脳と直結しており、内部には数多くの神経が通っています。脊柱や脊髄が病気になると、手足のしびれや頚部痛などの症状が現れます。頸部脊柱管狭窄症は生まれつき首の部分の脊柱管が狭く、脊髄や神経根が圧迫される症状です。主な症状は首が痛くなる頚部痛や手足のしびれなどで、症状が悪化すると歩行困難になり、寝たきりになってしまいます。頸部脊柱管狭窄症は早期発見と早期治療が極めて大事な病気です。脳神経外科ではMRI検査によって、頸部脊柱管狭窄症を早期発見することができます。頸部脊柱管狭窄症の主な治療法は頚椎椎弓形成術です。脳神経外科で頚椎椎弓形成術を受けると脊柱管を拡げることができ、頸部脊柱管狭窄症は治ります。

ずっと元気でいるために

女性

頸部脊柱管狭窄症とは、頸部にある軟骨が飛び出て、脊柱管の中を走っている神経を圧迫してしまうことが原因で生じる病気です。この頸部脊柱管狭窄症を予防するためには適度な運動と、規則正しい食生活を心がけることが効果的です。

Read More...