頸部脊柱管狭窄症の治療方法|悪化を防ごう

医者

首の痛みから始まる病気

頚椎症と似た症状

病棟

肩凝りや頭痛の原因が首の病気だったというのはよくある話です。加齢や外傷によって頚椎周辺の組織が変形し、神経を圧迫する頚椎症は特に中高年で多発しています。これとよく似た症状が見られる病気として、頸部脊柱管狭窄症が挙げられます。同じように頚椎の神経を圧迫して症状が発生するのですが、その原因は神経の通っている脊柱管が狭くなることにあります。頸部脊柱管狭窄症や頚椎症の症状は、肩凝りや首の痛みだけとは限りません。症状が進行してくると、痛みや痺れが腕にまで広がってきます。指の感覚異常も頸部脊柱管狭窄症の特徴です。首の神経が圧迫されると指先にまで痺れを感じるようになり、握力が低下して手を使った作業が困難になります。さらに進行すると上半身だけでなく下半身にまで症状が及び、歩行障害や排尿・排便障害が見られるようになるのです。こうした頸部脊柱管狭窄症の症状も、最初は首の痛みから始まることが多いものです。症状は通常ゆっくりと進行しますので、首に違和感を覚えたら早めに整形外科を受診することが大切となります。

症状に応じた治療法

頸部脊柱管狭窄症の治療には症状の進行に合わせていろいろな方法があります。症状が軽いうちなら運動療法によって改善が期待できます。首を中心とするストレッチには、症状を和らげるための特有のやり方があるものです。整形外科の医師に相談すればその方法を教えてもらえます。頸部脊柱管狭窄症に限らず、頚椎の病気やむち打ち症などの外傷を治療する際にはコルセットによる固定も有効です。症状が進行している場合は温熱療法や牽引療法・薬物療法が実施されます。痛みが強い場合や痺れが見られる場合にはブロック注射も効果を発揮します。ブロック注射は腰椎脊柱管狭窄症の治療でもよく実施されていますが、症状を解消させていくためには1回だけでなく継続的な治療が重要です。以上のような治療法でも症状改善が見られないケースでは、脊柱管を狭めている組織を手術によって切除する方法が実施されます。最近では傷口が小さく負担の軽い内視鏡下手術が可能な整形外科も増えています。症状の重い頸部脊柱管狭窄症の患者でも、技術力に優れた整形外科医の手術によって症状が改善した例は少なくないのです。