頸部脊柱管狭窄症の治療方法|悪化を防ごう

医者

ずっと元気でいるために

適度な運動が大切

女性

頸部脊柱管狭窄症とは、頸部を構成している骨と骨の間にある軟骨が何らかの原因で出っ張ってしまい、それが脊柱管の中を走っている神経を圧迫してしまうことで痛みが現れる病気のことを言います。頸部脊柱管狭窄症を予防するためには、適度に身体を動かすことが効果的です。適度に身体を動かすことで、腰の周りにある腹筋や背筋を鍛えることができるので、脊柱を安定させることができます。これに対して、身体を日頃から動かさないと、腰の周りにある筋肉が少しずつ弱っていってしまうため、姿勢が崩れやすくなってしまいます。このように、日頃から身体を適度に動かして、腰の周辺にある筋肉を鍛えることで姿勢が安定し、それが頸部脊柱管狭窄症を予防することにつながるのです。

骨粗しょう症対策が有効

骨粗しょう症を予防するような生活習慣を心がけると、それが頸部脊柱管狭窄症の予防にもつながると考えられています。そして、骨粗しょう症を予防するためには、規則正しい食生活を心がけることが大切です。規則正しい食生活を心がけることで、骨が形成されるのに必要な栄養成分をしっかりと送り届けることができるため、丈夫な骨を作ることができます。これに対して、食生活が偏っていると、十分にカルシウムなどの栄養成分を送り届けることができないため、骨がどんどんもろくなってしまいます。このように、規則正しい食生活を心がけることで骨がよりいっそう丈夫になり、骨がよりいっそう丈夫になることで頸部脊柱管狭窄症にもなりにくくなります。